07
:
1
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
26
27
28
29
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の動画変換完了しました!

[広告] VPS


前回、うまく上がっていなかった動画です。
散歩が何より楽しみなぶーちゃん。
首輪を見せるとテンションマックス!!

最近は台所にたつ度に、なにか落ちてこねがーー?と待機してるのでついついあげちゃうキャベツくん。
IMG_2053_360.jpg

ハムハムハム!!!
IMG_2055_360.jpg


ここから先は余談ですが、実はわたくし、土曜日に初の内視鏡カメラやりました。
えっと、、、下からのです(汗)2リットル下剤を飲むあの検査です。
お食事時のかたはスルーしてくださいね。

珍しくおなかがゆーるゆるで困ったなあと思い、一度目は始まって3日目に病院に。
ビフィズス菌のお薬をいただいて、飲み続けるも、10日経ってもすっきりせず。
なんだか普通と違うような気がして、出来たばかりの駅前の消化器内科に行ってみました。
一度目に行った病院は土日診療の総合病院で遠かったので、そういえば駅前のクリニックって消化器内科って書いてあったけどもうオープンしたかなー?的なノリで行ったのです。
診察室に入ると開店祝いの胡蝶蘭がたくさん☆
とてもおしゃれできれいな院内。
看護士さんたちが総立ちで歓迎してくださり、思わず初めてのお客さん?かと思っちゃいました。

看護士さんも先生もとても丁寧に診察してくださり、私の症状はちょっと気にかかるものだったらしく、
内視鏡カメラで直接診た方が確実だと言われました。
血液検査をしながら(針が見られないので思いっきり顔を背けています)思わず看護士さんに
「まさかこんな急に大事になるとは思わなかったんですけどー
 内視鏡の前にほかの手段はなかったんでしょうかねー。。。まだ便検査もしていないのにー泣」
と言ったら、
「大丈夫ですよ!先生は消化器内科の専門で何十年も内視鏡をされてきている方ですから、
 きっと症状を聞いてそう判断されたんですよ」
と頼もしく言ってくれました。

それならばもう覚悟を決めねばなるまい!と色々な詳しい話を聞き、数日後の土曜日にいざ検査になりました。

前日9時までに夕食を終えて、以降は水分のみ。
ということはしっかり覚えていたので、前日は8時半に唐揚げ弁当の大盛りを食べました!!

当日よく紙をみてみたら、
前日は野菜、肉類、ごま、こんにゃくなど消化の悪いものはさけること
と書いてあるではないですか。
しまったー!!

当日朝9時、いよいよ緊張しながら下剤を飲み始める。
惨事を想定していたので、トイレ横の部屋のソファにて待機。
。。。3杯目飲んでもどうにもこうにも平然としているおなか。
暇を持て余し、クラリネットをぴーひゃら練習し始めながらも、15分ごとに180ミリリットルずつ飲む。

1時間した頃、おなかがだんだんお祭り騒ぎに。
下剤の味が濃くなる。(ちゃんと混ぜられていなかったらしい)
うすーいポカリに塩分を足して、片栗粉をいれたようなとろみのある下剤だけど、だんだん嫌悪感で飲めなくなる。
でも、昨日の唐揚げ定食に罪悪感があり、なんとか最後まで飲もうと頑張りました。

おかげさまで腸内洗浄はなかなかの優秀な成績で病院に電話。すぐに検査開始しました。
鎮静剤を点滴に混ぜた先生の顔まで覚えています。

「〜さん!」
という先生の声でハッと目覚めた私。
え!もう30分以上経ってる!
「え?もう終わったんですか???」
全く感触も残っていなくて、ふらふらーと安静室へ。

死ぬほど嫌だった!人生最悪の出来事だった!と経験した友人に聞かされてビビっていた私でしたが、とっても楽でした☆

その後も、なんでも食べていいですよーと言われて、おなかすいたーー!とパパさんとレストランでステーキやピザやパスタをたんまり食べて、帰宅するなり暴力的な眠気。。。。
鎮静剤のせいか、16時頃から翌日昼の12時までこんこんと寝たのでしたw

気になる内視鏡の結果は、東南アジア帰りのひとに多い傾向のある感染性の腸炎に似た症状らしいです。
詳しくは組織検査の結果待ちです。

五月のグアムから持ち帰ったのかしらん。。。。。


おなか、はやくすっきりしたいな^^みなさまも夏バテなどどうぞ気をつけてくださいね!!

スポンサーサイト

theme : ★★フレンチブルドック★★
genre : ペット

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。