06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北旅行 被災地

ママです。
バウアイズを後にしたあと、震災の津波被害のところに案内してもらいました。
※PTSDなどのある方は、閲覧をストップされてください。
次の記事から、いつものブログに戻ります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




そこはあたり一面誰かの家だった場所。とても哀しいものでした。

基礎しか残っていない住宅街の中、残った家や建物は、一階が全て津波に突き破られています。

その横に、スクールゾーンと書かれた道路。

胸にグッとこみあげました。
アップして良いものか迷ったのだけれど...。


[広告] VPS

現実を見ました。ニュースやCMでは復興が進んで活力に満ち溢れているような報道もありますが、ここにはまだ何もない。もうほとんど何もない。



ここは、元々公民館だった場所だそうです。
下には、スマイルマークをかたどった、お花畑。



お寺がポツンと残っています。後ろの松林は昔は一面に茂っていて、海が見えることはなかったそう。





瓦礫を燃やす工場からの煙がぽつんぽつんと空に上がっていました。復興支援はまだまだ必要なのだなと感じました。

ブッシュと泊まる宿を探すのに、ホテルが復興支援の人でいっぱいなんですということを言われて驚いてしまった私たち。未曾有の災害は未だに大きな爪痕を遺しています。関東の私たちには、日常生活の中で少しずつ風化されている気がしました。忘れてはいけない。

少し車で走ると、津波が来ていない場所は日常が戻っているように見えたのは救いでした。また、津波の跡でも塩抜きをして稲がまた植えられている田んぼもありました。
新築、改築の家もありました。



自分たちにできることは限られてはいるけれど、今回の旅行を通じても、東北のものを買ったり、観光&宿泊など、少しでも東北地方の活性化に繋がってくれたらと思いました。
次からいつものブログに戻ります。




つづく

theme : 思ったこと・感じたこと
genre : 日記

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。