05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北旅行 往路~いこい荘

金曜日の午前中、自宅を出発!ブッシュを連れての初めてのお泊まり旅行に出かけました。


車中では立ってブウブウいってるか、寝てブウブウいってるブウちゃん。


トイレやベッド、タオルなど大荷物でデミオくんのトランクはいっぱーい!何しろ初めてのお泊まりだから、トイレシートも袋もたくさんだし、少しでも慣れた環境でと日常品は全てそのまま移動!


栃木と福島のあたりでは雷雨に遭遇!


でも基本寝る。


保冷剤を替えながら、ぽんぽんクールて体温も調節していたら、サービスエリア以外ではしっかり寝てくれました。

サービスエリアでは毎回はしゃぎすぎて、水もチッコもなかなかできません。車内に戻ってからやっと落ち着いて飲むというかんじ。それでもけっこう休憩を何回か挟んでいるうちに6時間ほどのドライブを終えて、到着したお宿は、私たち素泊まり4200円、ブッシュ素泊まり3000円(しかもブッシュは別棟にて冷暖房付き貸切!)


ブッシュハウスへようこそ!
鍵をもらい、いつでも様子を見にこられます



外観


右上の窓からのぞきー




クンクンチェックし終わるとちゃんとトイレにジョボボボボーと大量チッコできました~パチパチパチ!!!



トイレやベッドの位置関係を試行錯誤しながら、なるべく普段と同じように。水を飲んだら右に行ってチッコ、とか。



お世話になった【晩翠亭いこい荘】は、何よりコストパフォーマンスと清潔感、口コミ人気が高くて選びました♪本当に綺麗で口コミ以上の素敵な宿でした♪♪スタッフさんの対応や清掃が本当に行き届いていていい気分で泊まれます(*^^*)
和室で懐かしい雰囲気!
トイレもお風呂も共同ですが、オシャレで綺麗で清潔感もありました。

まるで修学旅行の男子。


そう、ここは東北大学病院のすぐ近く。

有名なモナカ屋さんも!



お腹減った~と歩き回り。



夕食は近くのスペイン•バーにて♪





翌日の濃い一日は続きで~

夏の思い出
























挨拶まわり旅行その4~三徳山投入堂~

さあ、クネクネ道と霧でもやもやの山々を抜けて着きました。
三徳山投入堂入口です。

※この記事内の写真のうち一部のものはWebから画像を拝借しています




平安時代の建築物なので、こんなにも石段が磨り減っています。

心配していたお天気が、晴れてきました!
子どもの頃に家族で登り、恐怖心と戦い泣きながら参拝した投入堂を高校の歴史の資料集で見て、国宝だったと知り驚きました。それ以来再び登りたくてたまらなかった投入堂。



受付にて、入山審査(服装、靴底チェック)氏名住所、グループ人数の申告をします。そう、ココは日本一危険な国宝。滑落死亡事故は跡を絶たず、自分の命は自分で守らないといけません。滑落した場合の通報のため単独入山は不可。修行という名の登山のためスカートも厳禁。靴底チェックで引っかかったパパさんとママさんは草鞋を購入。あとあとこの草鞋の威力に驚かされました。




輪袈裟は必ず身につけなければいけません。感覚を研ぎ澄ませてくれるお守り。


そして出発!


道なき道を行きます


木の根っこにしがみつき、岩肌に指を食い込ませて登ります。

難所 クサリ坂



修行者です。


文殊堂の眺めは最高でした。でも怖くてとても下を見る勇気はありませんでした。



牛の背、馬ノ背とよばれる足を踏み外したら最後の難所。滑落現場と書かれた板もあり、足がすくみました。でも、濡れている岩肌も木の根っこも草鞋はほとんど全く滑りませんでした。

ほかの参拝の方々とすれ違うと挨拶をしたり、励ましあったりするのもとても励みになりました。
でも、ちっさい子に、
「上まで行ってきたのー?すごいねー!」と声をかけたら
「まだまだですよ」
と言われてめげそうにもなりましたが、、、

そんな難所をいくつも乗り越えていくつかのお堂をお参りし、汗ダラダラななか全身の力を振り絞り登ること45分、突然姿を現した投入堂!

足場はあまり広くなく斜めになっているため、このアングルからしか一般人には撮影できません。


この姿を見た途端、体がふっと軽くなったような気がしました。いとことパパさんを誘った手前、どちらかが滑落しちゃったらどうやって責任をとろうと思うくらいの険しい道程でしたが、三人とも参拝できとても感動しました!!


ただ、下山は草鞋の鼻緒が食い込み、痛さとの戦いでした。

途中に二トンもの重量のある鐘をつける場所もあったのですが、本当に険しい山道をどうやって運んだのか謎に包まれています。
誰かを負ぶってでも、とても無理です。(ゆく年来る年の撮影スタッフは大変だったようです)

気軽にオススメはできない場所ですが、私は参拝できて本当に良かったと思っています。もしこれから行かれる方は天候や準備するものをしっかり調べて、体調を万全にして
どうぞ気を付けて行かれて下さいね。



私が半べそかいたところ


その頃ブッシュは、、



挨拶まわり旅行 完

挨拶まわり旅行その3~鹿児島~姫路~智頭~



どどーん!
九州新幹線に乗ること4時間。鹿児島中央から姫路に到着。お祭りで使う神輿が駅構内に飾ってありました。

東京から向かってるパパさんはまだ着かないようだったので、一時間ちょっとの空き時間に姫路城へ。駅から1.3キロだそうです。



おおーこれが姫路城!の絵、、、
工事中でした、、、しくしくしく。

パパさんと合流し、スーパーはくとで鳥取県智頭へ向かいました。途中宮本武蔵生誕の地などを通りましたが、揺れるわトンネル多くて耳がキーンだわ人がぎゅーぎゅーでなかなかの道程。

でも山のなかの素敵な田園風景で癒されました☆☆

無事に到着しこちらが母方の実家近所の風景。素敵でしょー?


91歳になるおじいちゃんー!



翌日は鳥取砂丘へ!まずは近くにできた
砂の美術館


九ヶ月間展示され、また新作に変わるそうです。今回の展示はオリンピックを記念してイギリスがテーマでした♪

そして砂丘♪

遠くに見える米粒みたいなのも人です。曇りだったので砂がアチチにならず、裸足で満喫しました!


次はいとこのオススメ、
漫画王国 のイベントへ。


鳥取といえば水木しげるさん☆


お昼に屋台の明石焼、焼きそばなどを堪能し、雨がやんできたので三徳山を目指します。


すんごいクネクネ道だー!これナビの画面に見えません。


山肌にかかる謎のモヤ。仙人が出そうな雰囲気!



そしていよいよ到着した三徳山投入堂。に関しては次の記事で☆

挨拶まわり旅行その2~鹿児島~大口曽木の滝~

翌日はママさんの実家鹿児島へ!
ココちゃんのお母さんと兄弟たちが待ち受けていました♪




お猫さまも四匹。



念願の姪っ子ちゃんにも会えました!


鹿児島観光♪♪


田舎へ行ったり、曽木の滝や湧水町で、涼を堪能しました☆☆あぢもりの黒豚しゃぶしゃぶは絶品でしたね~~!!

パパさんは仕事のため8/10に一足先に千葉へ戻り、ママさんは同窓会に出席するために実家に滞在。
そして今日からは山陰の鳥取県に住むおじいちゃんや親戚に会いに、関東と九州からそれぞれ向かっているところです。


ブーちゃんはいまごろ、、、




つづく

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。